電子タバコ比較ランキング2019

電子タバコの正体に迫る!  種類や加熱式タバコとの違い

健康やニオイへの対策として、電子タバコを選ぶ人は増えています。しかし、電子タバコについて広まっている認識は、「電気を使用するタバコ」くらいです。

一口に電子タバコといっても色々な種類があり、価格帯もそれぞれ異なります。商品も色々登場しているので、どれを購入すれば良いのか迷ってしまいますよね。

それでは、電子タバコ初心者のために、種類や特徴について解説していきましょう。似ているようで違う「加熱式タバコ」についても紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。

電子タバコとは何か?

電子タバコでは、専用の乾燥葉や液を電気によって気体にします。様々な香りや味がついており、一般的なタバコと同じように吸って楽しむ。ニコチンやタールが入っていないため健康への害や副流煙の心配が少なく、ニオイもあまりありません。

味はタバコに似たものから、フルーティーなものまで様々です。料金は安く吸った気分を味わえるので、愛煙家の中でも人気が高まっています。

更に詳しく

電子タバコって何?電子タバコの疑問を解消します!
このページは「電子タバコ比較オススメランキング2019!」の「電子タバコって何?電子タバコの疑問を解消します!」ページです。

電子タバコの種類にはどんなものがあるのか?

電子タバコには「リキッド補充式電子タバコ」「カートリッジ式電子タバコ」「使い捨て式電子タバコ」という3つのタイプがあります。

形状や構造が大きく異なり、価格帯も様々です。それぞれ違った特徴と魅力があるので、自分に合った商品を選ぶようにしましょう。

コスパや利便性も重要なので、しっかりチェックしてくださいね!

リキッド補充式電子タバコとは何か?

専用の液体を補充しながら使うタイプの電子タバコです。定期的なメンテナンスは必要ですが、本体を1度購入すれば長く使い続けられます。

リキッドは様々な商品を使用できるため、フレーバーの種類が一番豊富です。リキッドは比較的に安価なので、ランニングコストはあまりかかりません。

細長い形状の「ペンシルタイプ」と過去型のバッテリーが付属する「ボックス型」に分かれており、デザインが豊富なのも魅力的。

カスタマイズができる商品も多いので、見た目にこだわりたい人にもおすすめですよ。

リキッド補充式電子タバコ一覧

VP 4WAY スターターセット7,430円
解説ページ
E-Liquido & Vaporizerの
スターターキット3,980円~4,980円
解説ページ

カートリッジ式電子タバコとは何か?

カートリッジ式電子タバコは、吸い終わったカートリッジを交換しながら使用します。サイズが一般的なタバコに近くコンパクトなので、外出先や職場でもサッと取り出して吸う事が可能です。

専用のカートリッジしか使えないのでフレーバーは少なめですが、付け替えるだけなのでメンテナンスは不要。吸うだけでそのまま楽しめるので、使いやすさで選ぶならカードリッジ式が良いでしょう。

カートリッジ式電子タバコ一覧

C-Tec DUO スターターキットは2,484円
C-Tec Touch スターターキットは3,456円
解説ページ

使い捨て式電子タバコとは何か?

一定期間使用したら、そのまま捨てるタイプの電子タバコです。商品にもよりますが、1本でも数百回は使用できます。フレーバーが一番少ないのがデメリットですが、料金は一番リーズナブルです。

1,000円くらいで購入できる商品もあり、気軽に試してみたい初心者にピッタリ!ただし、ずっと吸うならランニングコストが高くなるので、他のタイプを選んでくださいね。

加熱式タバコとは何か?

加熱式タバコでは従来のタバコ葉を加熱して煙を発生させます。専様々なタイプの商品がありますが、専用のタバコ葉カードリッジを付け替えながら吸うのは同じです。

充電しながら使用しますが、形状は商品によって大きく違います。燃やす必要がないでライターは不要ですし、煙もあまり出ません。

従来のタバコから進化した商品として、注目を集めています。

加熱式タバコ一覧

vaponavi-500-157

加熱式タバコ解説ページ一覧

ヴェポライザー
このページは「電子タバコ比較オススメランキング2018!初心者にも解りやすく詳細情報をまとめました!」の「ヴェポライザーはコスパだけじゃない!人気の最新製品を比較!匂いは?美味い?」ページです。
プルームテック
このページは「電子タバコ比較オススメランキング2019!」の「各フレーバーは気分によって変えられる 様々な負担を減らしてくれる次世代タバコプルームテックが気になる」ページです。

加熱式タバコと電子タバコの違いは何なのか?

加熱式タバコと電子タバコは一見すると似ていますが、まったくの別物です。一番の違いはニコチンやタールといった有害物質の有無です。

電子タバコには一切入っていませんが、加熱式タバコには含まれています。電子タバコは嗜好品や禁煙グッズとして人気なのに対して、加熱式タバコはタバコの代わりとして使用している人が多いです。

価格的やランニングコストは加熱式タバコよりも、電子タバコのほうが安い傾向があります。健康と安さをとるなら電子タバコ、吸った実感が欲しいなら、加熱式タバコというわけです。

加熱式タバコのメリット・デメリット

加熱式タバコはタールやニコチンが含まれているので、喫煙者でも楽に始められます。燃やしているわけではないので煙が少なく、家族や周囲にも迷惑をかけません。

ニオイが少ないので、洋服や部屋につきにくいのもメリットですね。ただし、加熱式タバコによる体への悪影響は、未だにハッキリしていません。

ニコチンやタールが減るという話しもありますが、これはまだ確かではありません…。禁煙が出来るわけではないので、健康を気にする方は注意してください。

Smooth V!P

smoothvip200-200
公式サイト:Smooth V!P https://smoothvip-vape.com/

Smooth V!Pの特長

  • クリーンな成分と多彩フレーバーで、気分爽快に楽しめる。
  • 公式サイトからの限定バージョンで、コスパもよくリーズナブルに始められる。
  • 国際基準の高い安全性を誇る工場で製造されているので、安心して使用できる。

Smooth V!Pの料金・金額

Smooth V!Pスターターセット(Web限定バージョン)2,950円(税込)

Smooth V!Pの購入はコチラ

目次へ戻る

VP Japan

vpjapan125-125
公式サイト:VP Japan http://www.vp-japan.com/

VP Japanの特長

  • 国内基準の安全マーク「PSE」を取得しているから、海外仕様のタイプより断然安心。
  • 小柄な日本人にぴったりなちょうどいいサイズ感で使いやすい。
  • 初めての方にも使いやすくてお手入れも簡単。

VP Japanの料金・金額

VP 4WAY スターターセット7,430円

VP Japanの購入はコチラ

VP Japanの解説ページ

VP Japan
このページは「電子タバコ比較オススメランキング2018!」の「日本ブランド「VP Japan」の口コミ・価格・特長・使い方は?」ページです。

目次へ戻る

C-Tec

ctec240-200
公式サイト:C-Tec https://c-tec.style/

C-Tecの特長

  • 女性にも使いやすく、シンプルながら大変オシャレな見た目が人気。
  • 有害物質が一切なく、満足度にも優れている。
  • メリットが多く機能性が高いのに、非常にコスパに優れている。

C-Tecの料金・金額

C-Tec DUO スターターキットは2,484円、C-Tec Touch スターターキットは3,456円

C-Tecの購入はコチラ

C-Tec
このページは「電子タバコ比較オススメランキング2018!初心者にも解りやすく詳細情報をまとめました!」の「キュートなボディのC-Tecの口コミ・価格・特長・使い方は?」ページです。

目次へ戻る

EMILI MINI +(エミリミニプラス)

emirimini240-200
公式サイト:EMILI MINI https://www.vapeshopasa.jp/lp001/

EMILI MINI +(エミリミニプラス)の特長

  • コンパクトでカラフル、スタイリッシュな形状が女性にも人気。
  • コスパに優れ、非常に使いやすく初心者にもおすすめ。
  • 初期不良につき6カ月間の保証がついているから安心。

EMILI MINI +(エミリミニプラス)の料金・金額

EMILI MINI +(エミリミニプラス)4,980円(税込)

EMILI MINI +(エミリミニプラス)の購入はコチラ

目次へ戻る

JPvapor(ジェイピーベポ)

jpvapor240-200
公式サイト:JPvapor https://www.jpvapor.com/

JPvapor(ジェイピーベポ)の特長

  • 安全性を追求し、検査の徹底やより厳選した製品の取り扱いに取り組んでいる。
  • リーズナブルな価格で、初めての方にも使いやすい。
  • 日本はもちろんのこと、世界中の多くの方々に支持されている人気ブランド。

JPvapor(ジェイピーベポ)の料金・金額

E-Liquido & Vaporizerのスターターキット3,980円~4,980円

JPvapor(ジェイピーベポ)の購入はコチラ

VP Japanの解説ページ

JPvapor
このページは「電子タバコ比較オススメランキング2018!」の「経験者に聞く!JPvapor(ジェイピーベポ)ってどう?JPvapor(ジェイピーベポ)の口コミ・価格・特長・使い方は?」ページです。

目次へ戻る

iSMOKE(アイスモーク)

ismoke200-200
公式サイト:iSMOKE https://www.ismoke.jp/

iSMOKE(アイスモーク)の特長

  • 何度も使える充電式だから、経済的で使いやすい。
  • 均等に熱を加えることができる特別構造だから、味も格別。
  • 非常に軽くてコンパクトだから、外出時にも持ち運びしやすくておすすめ。

iSMOKE(アイスモーク)の料金・金額

iSMOKE(アイスモーク)各7,344円(税込)

iSMOKE(アイスモーク)の購入はコチラ

目次へ戻る

EFOS E1(イーフォス イーワン)

efos240-200
公式サイト:EFOS E1 https://www.vapeshopasa.jp/lp002/

EFOS E1(イーフォス イーワン)の特長

  • 充電して何度も使える上に、丈夫で壊れにくいボディが人気。
  • 大容量バッテリーだから、連続吸引でもストレスなく使える。
  • モードの切り替えにより、強い風味を楽しみたい方にも最適な使い心地。

EFOS E1(イーフォス イーワン)の料金・金額

EFOS E1(イーフォス イーワン)7,884円(税込)

EFOS E1(イーフォス イーワン)の購入はコチラ

目次へ戻る

TaEco+(タエコプラス)

taeco234-60
公式サイト:TaEco+ https://www.taeco.jp/

TaEco+(タエコプラス)の特長

  • ユニークなネーミングが浸透し、日本を超え世界中で人気の高いブランド。
  • オシャレ高級感にあふれているのに、リーズナブルで購入しやすい低価格。
  • 性能に優れているのに、操作が簡単で誰にでも使いやすい。

TaEco+(タエコプラス)の料金・金額

TaEco+(タエコプラス)ベーシックシリーズ各5940円(税込)、TaEco+(タエコプラス)プレミアムシリーズ各7,452円(税込)

TaEco+(タエコプラス)の購入はコチラ

目次へ戻る