熟女出会い系サイトであっても写真のやり取りでメールが途絶えることがある!?

熟女出会い系サイトであっても写真のやり取りでメールが途絶えることがある!?

昔、文通というものがありましたよね。

パソコンのない時代はみなさんそれを好んでやっていたのではないでしょうか。

文通と言ってもパターンがありますよね。

最初から顔や性格を知っている人と文通するケース。

そして、顔も何も知らないで文通するケースもあるでしょう。

顔を知っている場合の文通は、相手は恋人でしょうか。

遠距離恋愛でしょうか。

はたまた、恋人はちょっとということで、文通にいたってしまっているケースでしょうか。

でも文通を許可してもらっているのなら、チャンスは決してゼロではないですよね。

これから恋人の糸口見つかる可能性だってあるかもしれないですよね。

一方、顔も知らない相手と文通するケースがある訳ですが、そういう体験を昔した人も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

そこに一体どんな魅力があるのでしょうか。

知らない者同士だから言える悩みみたいなものもありますよね。

そして、相手が自分のこと知らないから抑圧されていたものが解放されてぬけぬけと言えるようなところもありますよね。

相手が自分のこと知っていれば、何あなたよくそんな顔でぬけぬけと言えるわねなんて言われてしまう場合がある訳です。

もうそんなこと言われたら、自分が言いたいことであったのに二度と口にすることは出来なくなってしまいますよね。

でも本当は言いたくて言いたくて仕方がない訳です。

人がなんと思っていても、自分はそう思っている訳です。

人は相対関係が形成されると言ってもいいかもしれないですよ。

ぬけぬけと言わないあなたが相対的に作られた正しい形なのかもしれないです。

しかし、相手の知らない文通相手ならきっとそういうことを解放された感じでぬけぬけと書きつづることでしょうね。

それがどういうことかと言いますと、結局、自分が自分でなくなってしまうのです。

何かみすぼらしい女性がシンデレラのようなふりで手紙を書きつづってしまうことだって充分ある話しですよ。

それが、見知らぬ相手に文通する魅力であり、危険なところなのです。

最近では、パソコンでメールのやりとりが主流になっている訳です。

そして、そこでは文章だけではなく、写メの世界が介入してくる訳ではありませんか。

最初から写メ交換しあうならまだいいですが、途中でお願いされたとしても自分の顔写真など送信するのはやめた方がいいかもしれないですよ。

あなたによっぽどの自信があれば話しは別ですが、あなたはきっとそれまでに、メールの文章で誇大妄想的なイメージを相手に提供し過ぎてしまっているのです。

文章、写メとのギャップは避けられないですよね。

タイトルとURLをコピーしました