ヴェポライザー

ヴェポライザーヴェポライザー

2018年10月よりたばこ税増税…。喫煙者にとって実に生き辛い時代になってしまいました。

ものによっては500円になってしまう製品もあり、いよいよ禁煙を考え始める人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際問題として長期期間喫煙していた人にとっては、禁煙自体非常に辛いものですし、そもそも喫煙する事による気分転換やリラックス効果を考えると、さほどメリットも無いように感じます。

この様な時の選択肢として考えられるのが、アイコスやプルームテック等の加熱式タバコですが、こういった製品の場合ヒートスティックやタバコカプセルの購入が必要であり、独特の面倒臭さが出てきてしまいます。

この様な時にお薦めしたいのが「ヴェポライザー」なのです。

会員登録でお得なポイント還元!

vaponavi468-60

ヴェポライザーって何?アイコスやプルームテック等の加熱式タバコとの違い

ヴェポライザーのメリット

加熱式タバコの一つである「ヴェポライザー」は、アイコスやプルームテック等と異なりヒートスティックやタバコカプセルを購入する必要がありません。

つまり、現在吸っているタバコをそのまま使用(切って短くして喫煙したりタバコをバラして喫煙する)できるので、タバコの吸い心地を全く変える事なく加熱式タバコに移行する事が出来ます。

しかも、「ヴェポライザー」を使用する事で、通常の紙巻タバコの吸引時間を3倍程度にする事が出来るので、タバコにかかるコストを大幅にカットする事が出来るのです。

これを実現しているのが、加熱式タバコの基本システムである気化熱なのですが、タバコを燃やして吸うわけではないので、一酸化炭素・タール等の有害物質を発生する事もありません。

なお、「ヴェポライザー」は本来医療用に開発ものなので、その他の加熱式タバコよりもそういった効果が得やすい製品となっているのです。

会員登録でお得なポイント還元!

vaponavi468-60

目次へ戻る

ヴェポライザーってその他の加熱式タバコ同様臭いんじゃないの?

アイコスやプルームテック等の加熱式タバコで良く聞かれることなのですが、逆に喫煙時の匂いが酷くなった事が言われます。

実際、こういった臭いが原因となって、紙巻タバコに戻す人も多いようです。

一方、「ヴェポライザー」の場合、喫煙時の多少の臭いはあるものの、臭いが残りにくく不快感も殆どないのです。

おそらくは、水蒸気にタールを含まない事が考えられますが、加熱式タバコの中では最も臭いが発生しない商品と考えて良いでしょう。

会員登録でお得なポイント還元!

vaponavi468-60

目次へ戻る

ヴェポライザーの喫煙方法は簡単!でもセラミック製の方が美味い

「ヴェポライザー」でタバコを吸うには、市販の紙巻タバコ若しくはジャグ(葉たばこ)を指定のチャンバー(加熱室)に入れることで喫煙を行います。

ただ、「ヴェポライザー」は加熱方式で、コンダクション(熱伝導…直接加熱する方式)式とコンベクション(熱対流…チャンバーに熱した空気を通す方式)式に大別され、それぞれに吸い心地が異なり、コンダクション式はやや味がマイルドで若干燻ししたような感じになり、コンベクション式はクリアな味で普通に吸うよりもニコチンが強くなり吸いごたえのある喫煙をする事が出来ます。

いずれの方式にしても、「美味い」と感じるのは個人の好みになりますが、初めて購入するのならば価格帯の安いほうが良いのかもしれません。

また、チャンバーはステンレス製とセラミック製のものがありますが、セラミック製の方がタバコの葉全体を効率的加熱出来るので、タバコの味に関しても後者の方がメリットが大きいと言えます。

会員登録でお得なポイント還元!

vaponavi468-60

目次へ戻る

セラミック製ヴェポライザーの最新お薦めモデル

XMAX STARRY

XMAX STARRY

喫煙時間5分若しくは10分(選択式)
価格9,800円 (税込)
特徴電池交換式の「ヴェポライザー」なので、本体ごと新しいものに買い替える必要がなく経済的。しかも、バッテリーの容量が十分なので、出先でも替えのバッテリー気にぜず使え携帯性にも優れます。また、温度設定を1度単位で行なえ、自分好みの吸い心地を追求できるので、初心者から上級者まで幅広い層で満足度が高い製品となっています。また、「XMAX STARRY」の最新バージョンは、チャンバーがおよそ10%大きくなっており、葉の交換やメンテナンス性にも優れ、さらにジルコニセラミックマウスピースを採用しているので、雑味のない吸口と耐久性を実現しているモデルです。
公式サイトで確認https://www.vaponavi.co.jp/

C-VAPOR3.0

C-VAPOR3.0

喫煙時間4分
価格7,980円(税込み)
特徴小型ながら、十分なバッテリー容量(2300mAh)、便利で見やすいLEDディスプレイ(設定温度、現在温度、バッテリー残量、残り喫煙時間が分かる)を備え、バイブ機能(残り3分から作動し、4分経過すると再びバイブで通知)、エアフローコントロール機能(吸い心地を重くしたり軽くしたり自分好みに変えられる機能)を搭載しています。しかも、これだけの機能を搭載し、価格帯も安いので「ヴェポライザー」入門にはこのモデルがお薦めです。
公式サイトで確認https://www.vaponavi.co.jp/

WEECKE Fenix

WEECKE Fenix

喫煙時間5分
価格9,800円 (税込)
特徴「WEECKE Fenix」はコンベクション式なので、クリアで吸いごたえのある喫煙を楽しめます。また、最近になってWEECKE FENIX専用ヒーティングチューブスペーサーが発売されたことにより、より扱いやすく吸うことが可能になり、チャンバーが汚れにくくなるので、メンテナンスも簡単になっています。ただ、マウスピースやパッキンなど消耗品の交換が必須になりますが、吸いごたえや味などを調節できるので、「C-VAPOR3.0」などを購入し気に入ったのならば、これらのモデルに移行すると良いでしょう。
公式サイトで確認https://www.vaponavi.co.jp/

目次へ戻る

味、コスパ、有害物質除去などヴェポライザーのメリットは大きい

効率的な燃焼によって、吸い時間の延長や有害物質除去等のメリットが得られるのが「ヴェポライザー」です。

しかも、いつも吸っている紙巻タバコの味を燃焼温度やフィルター等によってコントロールする事も可能なので、タバコを替えずにグレードアップ出来るのは、最大の魅力と言えます。

ただし、有害物質除去等が出来ると言っても、タバコの害を完全に除去できる訳ではないので、勘違いしないようにしましょう。

とは言え、吸い時間が3倍程度になるので、健康効果は高いと言えるでしょう。

会員登録でお得なポイント還元!

vaponavi300-250

目次へ戻る