今まで当たり前のように皆んなが知っている手相占い!一体、どんな占いなんでしょうか?どこから来たの?

今まで当たり前のように皆んなが知っている手相占い!一体、どんな占いなんでしょうか?どこから来たの?

『手相占い』

誰でも知っているじゃないでしょうか?

今現在、世の中には様々な種類の占いがありまが、その中でも「手相占い」がいちばんメジャーな存在ですね!

みなさん、一度は経験したことありますよねぇ〜今では当たり前のように認知されている手相占いですが、一体、どんな占いなのか?何がわかるのか?について、歴史を背景にしながら、ちょっと説明していきます。

手相占いのやり方

手相占いはその名の通り、手のひらにある手相を見て、性格や健康、未来の運勢の運勢などを占う戦術です。

手のひらを流れる手相の向きがどうか?どこまで伸びているか?などから判断し、今の自分の状態や未来について占えることができるので、先ずは自分でやってみてはいかがでしょうか!

現在では、書店に多くの手相占いについての関連した書籍や、アプリなども多数ありますので参考にしてみては!

でも、現在では当たり前のように存在する手相占にはどんなルーツがあるんでしょうか?

歴史を知ると、手相占いがもっと楽しくなるので勉強していきましょう!

手相占いの発祥の地

手相占いが誕生したのは約3000年前から5000年前のインドからとされております。

一部、中国が発祥地だ!という説もありますが、インドには「サムドリカ」と呼ばれる学問があり、それは『人間の人体にはその人の運命が刻まれている』という思想から生まれた学問で、手相占いや人相占いのルーツは、この「サムドリカ」が起源なのではないか?と、古代インドの地という説が一番有力です。

では、何を占えるんでしょうか?

ちょっとみていきましょう!

手相占いでわかることは何?

手相占いは手のひらを流れる手相を見て占いを行いますが、実際には手のシワ、指、爪の形など手の全ての部分を見ています。

人間の手には、「今までどんな生活をしてきたのか?どんな経験をしてきたのか?」など、たくさんの情報が刻まれており、日常的に使用する手には、その人の全てが表れているのです。

そこから、自分自身の性格や資質が分かってしまうわけです。

もちろん、未来の運勢も占うことができます。

右手は後天運と呼ばれ、生まれ持った運勢を指します。

右手を見ることで、過去の自分の行動や現在の今の行動が分かります。

一方で、左手は先天運と呼ばれ、自分の生まれ持った宿命、才能、性格が左手を見ることで分かります。

結婚時期や社交性なども手の手相を見るだけで分かってしまいます。

しっかりと自分の運勢を占って貰いたいなら、プロの占い師の方に見てもらった方が正確な占いをしてもらえますが、今では便利な書籍やアプリが多数存在しますので、それらを参考にしながら、先ずは自分でチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

明るい未来があなたを歓迎してくれるハズです!

タイトルとURLをコピーしました